刹那FAKE OFFICIAL SITE

News

刹那FAKEより皆様にお知らせ

『刹那FAKEよりお知らせ』

いつも応援してくださっている皆様へ
刹那FAKEより報告があります。

 

本日、刹那FAKEは「解散」します。

 

急な報告になってしまって本当にすみません。

以下、メンバーからのコメントになっていますので
今までお世話になった方々、応援して頂いた皆様には
最後まで目を通して頂けると幸いです。

 


 

 

先日のVo.二階堂卓の脱退以前から、

刹那FAKE自体のやりたい事やメンバー各個人のやりたい事をより明確にしてバンドへ向かうために、
何ヶ月も話し合って足並みを揃える動きをしていました。

ですがその中で起きた擦れ違いや衝突によって、
二階堂は脱退してしまうという形になってしまいました。

言葉にしてしまうと簡単ですが、様々な葛藤や苦悩がありました。
口では伝えられないたくさんの"思い"が心に残ったままです。

この件に関しては、本当に色んな人に迷惑をかけてしまいました。
本当にごめんなさい。

 

それでもサポートして貰うという形で無事に終える事が出来た
CRAWLICKとGINNEZとの共同イベント「GREENLIGHT」でしたが

バンドを続ける事の大切さ、仲間やお客さんからの言葉。
やはり愛されているバンドだと何回も何回も確認しながらも

ボーカルが"足りない"という事実。

「それでもやるべきだ」

もちろんそうだと思います。

ですが、自分自身の思いや、悠真と翔太の思いもあって
「刹那FAKE」として続けることは出来ませんでした。

"バンド"は一人では出来ません。

と言うよりも、僕にとって刹那FAKEはあの四人でしかありえませんでした。

なので"解散"という形で終わろうと思います。

もちろん凄く凄く悔しいし、申し訳ない思いで一杯です。

それでも、僕一人で刹那FAKEを続けると言う選択肢はありませんでした。

刹那FAKEが好きで、刹那FAKEを応援してくれていた人にとっては
本当に申し訳ありません。

もしかしたら「これからは簡単には応援出来ない。」
と思ってしまった人もいるかも知れません。

それでもこの思いは変わりません。
自分勝手ですが、分かって欲しいです。

 

僕はまた必ず、帰ってきます。

1から始めます。

未だ叶えられていない約束がたくさんあるので、帰ってきます。

辞めたいくらいにまだバンドやれてないので、帰ってきます。

バンドが大好きだから、帰ってきます。

 

どんな顔で、どんな形で、誰と帰って来れるかは分かりませんが
その時はどうか迎え入れてくれたら嬉しいです。

 

今まで本当にありがとうございました。

 

Vo&Gt.坪田ケイスケ

 


 

今回発表させて頂きましたが、解散する事となりました。

それぞれの道に進みます。
ただ全員前向きな考えで決断しました。

僕自身今までなにかのレールに沿ってやってきたので、これからは自分で舵を取っていくつもりです。

ただ信じてきたものはこの先も変わらないですし、まだまだ音楽を突き詰めたいと思ってます。

また何処かで会いましょう!!

応援して頂き本当に有難うございました。

Ba.YUMA

 


 

まずは応援して下さってた皆様、関係者の方々、
このような結果になってしまい本当に申し訳ございませんでした。

この1年間、色んな事がありました。

バンドにおいても、私生活においても。

自分という人間を見つめ直し、成長できた1年間でした。

だからこそ今は苦しかった経験も、悩んだ時間も、
何よりメンバーや関わってくれた人達、全ての事に感謝しています。

これからは音楽は人生の軸では無くなります。

前のバンドのAxisから刹那FAKEに変わるタイミングで、自分の中では刹那FAKEが最後のバンドだという思いでやって来ました。

3人で続けるのか、新しいボーカルを入れるのか、色んな可能性を考えて何度も何度も話し合いをして。

その上で出た結論が、解散でした。

 

個人的な事で言えば、何年も前から期限を決めて居たんです。

自分にとっては続ける事よりも、『音楽だけで生活が出来るようになる』、という事が大切で、
そう出来なかった事、そして違う道を進みたいという気持ちが芽生えた事。

それが辞める決断に至った理由です。

 

バンドを初めてから約12年間。

本当に大切な時間でした。

大切な人達が出来ました。

僕は今、新しい夢に向かって進んで居ます。

毎日悩んで、挑戦して、反省して、勉強の繰り返しですが、本当に楽しい日々です。

バンドを続けている仲間に負けないように頑張りますね。

 

刹那FAKEというバンドを組んで、今のメンバーに出会えて、あなたに出会えて。

本当に幸せな日々をありがとうございました。

Gt.SHOTA

 


 

誠に勝手ですが、ラストライブの予定もございません。

今まで関わっていただいた全ての人に感謝して、それぞれまた進みます。

本当にありがとうございました。

-2017.07.23更新-